社会調査 しくみと考えかた

社会調査 しくみと考えかた (放送大学叢書)

社会調査 しくみと考えかた (放送大学叢書)

放送大学の教科書をもとに改めて書かれたものです。
一般的な事柄が示されている感じだったので,内容確認しながらさらっと読むかなと思っていたのですが,メモをとりながら結構じっくりと読んでしまいました。
社会調査の経験が豊富な著者先生ならではの広く浅くだけれども,随所にはっとするような記述があってよかったです。
分かっていなかったことも散見されて,自分は勉強不足だなと思いました。
例えば,すべての人の回答がほぼ一致しそうな事柄については,「回答者の属性と賛否の関係を問うこと,一般的にいえば連関を見出すこと(p.22)」が無意味になることは当然ですが,さらに,

p.23
公共施設などの利用率を上げるために,来館者に対して調査を行うことがよくある」ある程度意味あるかもだけど,「一番肝心の問題は,利用者と非利用者を分ける要因は何かということである。利用者だけを対象とした調査データを用いたのでは,このことを明らかにすることは不可能なのである。

あちゃ~と思いました。
もうひとつ,あちゃ~っと思ったこと:

p.117
標本統計量から母集団統計量を推測するための統計学理論(推測統計学)とは,計画標本と調査母集団の関係を述べたものである。つまり,回収率が100%である場合にのみ有効なのである。

えっ
心理の質問紙調査などでは受講生を対象に集合調査形式で実施することが多かったので,こういう視点がすぽっと抜け落ちていたと自戒。
(回収率の低かった有効標本から統計的推測を行うことは)

pp.117-118
厳密にいえば統計学理論の誤った適用といわざるをえない。

p.118
仮に統計的推測が行われたとしても,そこで明らかになったのはあくまでも調査母集団の状態である。この結果を目標母集団の状態にまで一般化してもよいだろうか。この問題は,目標母集団から調査母集団への限定のしかたにかかっている。

自分は個別面接調査をしたことがないので,「聴取調査」についての記述は参考になるところ多かったです。
著者先生は,指導している学生それぞれに,高齢者1名に「高齢者の生活と意見」聴取調査を行わせていたとのことですが,まあ予想されるように,自分の祖父母を対象に調査を行ってくることが多い。しかし,その調査は「私のおじいちゃん/おばあちゃんに聞いてきました調査」ではナンセンスで,

p.202
聴取調査が社会調査としての意味をもつのは,そのテーマや対象が社会性(これは「普遍性」といいかえてもよい)をもつときである。

臨床の事例研究にも通じますね。

もうひとつ,事例調査の事例を選び出す基準として,「(1)代表性,(2)典型性,(3)先駆性」とあり,今後何かあるときの参考にしようと思いました。

pp.203-204
(1)代表性というのは,問題となっている社会事象に関して,他の個体と類似の特徴を共有しているという性質である。(2)典型性とは,社会事象に関する特徴が極端あるいは純粋な形で現れているという性質である。(3)先駆性とは,今後増大するであろうと予想される特徴を有しているという性質である。

また,上記(1)~(3)にあたらないような少数事例であっても,それを社会に問うことに意味があると思われれば採用すべきである旨も述べられています。

「第六章 社会調査の現在」では,プライバシー意識の強まりなどで社会調査への回答率(協力率)が下がっている→調査をめぐる状況はなかなか困難になってきていることを示した上で,調査者の回答者に対する誠実性(真摯に対する姿勢)の重要性が述べられています。

「社会調査を支える信念―何のための社会調査か?」

p.240
社会調査を支えるのは,用途はさまざまであるとしても,究極的には人びとを「豊かにする」という信念であると,あるいはそういう信念に支えられねばならないと,筆者はとりあえず考えている。

jSTAT MAPを使ってみる

gaccoの「誰でも使える統計オープンデータ」でちょっと勉強してみた*1ので,jSTAT MAPにユーザ登録して,少々使ってみました。
自分でデータを用意しなくても,登録されているデータ(=国勢調査結果など)で人口総数のレベルなどでグラデーション表示された地図グラフがプロットできるのはなかなか面白いです。
しかし,そこから一歩進んで,人口総数や65歳以上人口×何かをかけあわせて見ようとすると,なかなか難しいです。
かけあわせて見たい「何か」の外部データを用意するのが結構大変なのですよね。
その「何か」の外部データは,

  • 完全な住所(所在地)が入っている
  • 緯度経度データが入っている

いずれかの条件を満たす必要があります。
また,もともと国勢調査データが備えつけであるといっても,外部から国勢調査のデータ,例えば市町村別になっている何かを読み込ますということも,ちょっとできなさそうでした。
jSTAT MAPは地図ゆえデータ量が大きい→サーバに負荷が掛かる→日本全体とか大きな範囲には対応していない→市町村別といった粒度の比較的大きいデータは受け付けない?
ただ,これはまだ私が使いこなせていないだけであって,勘違いしているかもしれませんので,間違っていたらすみません。

まあともかく,
「誰でも使える統計オープンデータ」講座で出てきた以外の使い方をしてみようと,同じく講座内で誰でも使える自治体オープンデータ例として出ていた京都市オープンデータポータルサイトから,京都市営地下鉄の駅情報&最近の乗降客数のExcelファイルをダウンロードして,
駅別乗降客数×人口総数250mメッシュ(国勢調査データ)
の地図グラフを作ってみることにしました。
前述のように,駅情報を外部データとしてインポートさせるには,何らかの位置データが必要だったので,まず,地下鉄駅の「住所」データがないか探したのですが,どうもはっきりしなくて,断念しました。
次に緯度経度ですが,どうすれば??とぐぐってみたら,
住所やランドマークから緯度経度を求めてくれる,Geocodingというサイトを見つけ,これで各駅ちまちまと検索→緯度経度をインポート用csvファイルにコピペしました。
次に,jSTAT MAPへのインポートなのですが,マニュアルを見ると,緯度経度は「経度」「緯度」の順番に,末尾の2列にしておく必要がありましたので,そのように整え,インポートしてみたのですが,なかなかうまくゆきませんでした。
マニュアルを再度見ると,データの2行目に,文字列データの列はS,数値データの列はNと入れると書いてあったので,修正後トライするも,また失敗。数値データに文字列が含まれているとかエラーが出ます。
csvファイルはExcelで編集していたのですが,どこかに半角スペースでも含まれているのかと,検索してみましたが,それは無し。
ではではと,テキストエディタcsvを開いてみると,乗降客数の後ろに半角スペースが含まれていました。何でだ~
それらをすべて削除して,再度インポートしてみましたが,また,数値データに文字列が含まれていますとのエラー。
もともと京都市サイトからDLしたままでバリアフリートイレ設置の有無など,ちょっと余分な要素が残ったままだったので,思い切ってそれらの項目をバッサリ削除して再度インポートしてみたら,何とか無事通りました。
京都市営地下鉄の各駅の乗車(黄)・降車(緑)×H27国勢調査による250mメッシュ人口総数(赤が濃いほど人口多)の地図です。
f:id:lionus:20170726004811p:plain
人口が多いからといって乗降客数も多いとはいえないように見える一方,阪急,JR,近鉄といった他社線乗換駅の乗降客数が圧倒的に多いです。
つまり,あちこちの各人最寄駅から阪急,JR,近鉄といった他社線に乗り換えるというパターンがはっきり見て取れるようです。
だからといってそれは,分かり切ったことじゃないかと言われそうですが(^^;)

*1:受講時期が遅かったため,毎回の確認テストの提出期限を過ぎていて,受講のみで修了証は出ない

アクティブラーニングの評価 アクティブラーニングが未来を創る

クーラーのきいた部屋にこもっていても,この季節は何だかだらだらして,積読本消化も思うようにはかどりません。
まあぼちぼち。

アクティブラーニングの評価 (アクティブラーニング・シリーズ)

アクティブラーニングの評価 (アクティブラーニング・シリーズ)

  • 学習評価の4つのタイプ:間接評価・直接評価×量的評価・質的評価の2次元4類型
  1. タイプⅠ(間接評価・質的評価) 学習者による自分の学びについての記述(感想文,ミニッツペーパー)
  2. タイプⅡ(間接評価・量的評価) 質問紙調査(学習成果についての自己認識,学習行動),授業アンケートなどもこれに入る
  3. タイプⅢ(直接評価・量的評価) 客観テスト
  4. タイプⅣ(直接評価・質的評価) パフォーマンス評価,ポートフォリオ評価,アクティブラーニングでは最も重要だと
  • ルーブリック=評価軸?提示する方が確かにいい;よいレポート例を提示することも有効
  • ライティング・ルーブリックを学生に提示し,レポート提出時には(そのルーブリックに沿った)自己評価を求める
  • 「教職実践演習」なる科目ができたんだ(p.45「今までの教職課程履修の総まとめの科目」「4年生後期の必修科目として位置づけ」)

参考:教職実践演習(仮称)について:文部科学省

p.66「学び続ける教師」の育成が「研修を受け続ける教師」「上からの教育改革に主体的に適応していく教師」の育成に矮小化されないよう,学生たちを,教育される客体ではなく,自分たちで学びの場を組織し,教職のミッションや教師に求められる資質能力を定義する場にも参画し得るような学びの主人公(研究的・自律的に学ぶ主体)へといかにして育てていけるのか。

  • アクティブラーニングは生徒も教員も大変な労力がかかると思うのだけれど→専門学科(尾瀬高校自然環境科)の取り組み:校外学習の内容を実習まとめや情報レポート,課題設定ノートなどを作らせる過程で何度も利用することになるプロセスを設計;繰り返し学習にもなるし,材料再利用はまさに”エコ”
  • 尾瀬高校自然環境科ではペーパーテストを全廃(!)
  • 盛岡三高の「参加型授業」の取組→大学受験を念頭に置いた詰込み型授業への反省?;「生徒に時間を返す」という三高改革(p.135)

氏神さまと鎮守さま 神社の民俗史

氏神さまと鎮守さま 神社の民俗史 (講談社選書メチエ)

氏神さまと鎮守さま 神社の民俗史 (講談社選書メチエ)

神社について,氏神とか産土神とか,鎮守とか色々な呼び方をすることがありますが,それらの呼称の違いについて普段深く考えずに使っているような気がします。
それらの呼称の違いにはそれぞれの神社が辿ってきた歴史が背景にありそうだ,というのが本書を読んで分かったような気がしました。

  • 氏神は, Aタイプ「氏族の祖神」,Bタイプ「氏族がその本貫地で祭る神」,Cタイプ「氏族の守り神」に大別される。Bタイプは産土の神に共通する。
  • 鎮守の神とは,文字通り反乱を鎮圧する守護神という位置づけ。国家鎮護とか。

本書では,近畿地方のいくつかの神社事例を通じて,荘園領主が祭る荘園鎮守社が,中世には在地武士の氏神となり,近世には村落住民の氏神になるという展開や,農村での氏神について,在地武士や近世村民が順番に祭祀を担当する宮座の形成過程などが示されています。
一方,中国地方など荘園鎮守社が設けられなかったところについては,安芸国を例にして戦国武将が領内の農民と呼応して武運長久&五穀豊穣&庄民快楽といった現世利益を願うかたちの神社が創建され,近世社会では村民が氏子として祭る氏神となっていった過程も詳しく示されています。
後者は,毛利氏が神社創建とセットで勢力拡大していった様が結構詳細に記されていて,関心ある人には面白いのではないでしょうか。
本書を読むと,神社とその祭祀のされ方は,その神社のある地域が辿ってきた歴史の反映がみられるのではないかと,神社を見る目がまた少し変わってきそうです。
本書の「おわりに」の「ミックスジュースではなくミックスサラダ」が,神社信仰にとどまらず日本文化の特性を表しているようで面白かったので,少々長いですが引用しておきます。

pp.244-245
現在の神社祭祀の中に,古代の素朴な自然信仰的なものだけでなく,陰陽五行的な信仰や呪術の要素が混在していたり,仏教的な要素,また中世的な複雑霊妙な信仰の要素が混在している,その理由は,このような日本人の信仰の歴史と伝承の過程におけるさまざまな信仰要素の混入とその醸成によるのである。
しかし,重要なのは,そのような複雑な混淆的な信仰伝承ではあっても,神祇信仰,陰陽五行信仰,仏教信仰,中世的な呪的霊異神仏信仰,という基本的な四者は,決して混合融合してしまってもとのかたちや中味をなくしてしまっているわけではない,ということである。たとええていえば,あくまでもミックスサラダの状態であり,決してミックスジュースにはなっていないのである。四者それぞれがその基本的な要素をしっかりと保持しながらたがいに混淆しているのであり,そうした状態こそが日本の神祇信仰の特徴であり,神社祭祀の特徴であるといってよい。
そして,長い歴史の流れの中で,時代ごとに流行したさまざまな霊験や現世利益を求める信仰や呪法が取り入れられていながらも,その一方では,自然界の森や山や岩や川やそれらをつつむ森林に清新な神々の存在を感じ,それを信じて敬い拝んできたという基本だけは守り伝えられている,というのが日本の神社である。神社とは,祓え清めの場であり,清新性を基本とする,大自然の神の祭りの場なのである。

アクティブラーニングの技法・授業デザイン (アクティブラーニング・シリーズ1) &アクティブラーニングとしてのPBLと探究的な学習 (アクティブラーニング・シリーズ2)

アクティブラーニングの技法・授業デザイン (アクティブラーニング・シリーズ)

アクティブラーニングの技法・授業デザイン (アクティブラーニング・シリーズ)

全7巻のアクティブラーニング・シリーズの1冊目です。
監修の溝上慎一先生の巻頭言を引用します。

2014年末に前下村文科大臣から中央教育審議会へ諮問が出され,初中等教育の次期学習指導要領改訂のポイントとしてアクティブラーニングが示された。いまやアクティブラーニングは,小学校から大学までの全学校教育段階の教育を,「教えるから学ぶへ(from teaching to learning)」のパラダイム転換へと導くとともに,学校から仕事・社会のトランジションはじめ,生涯にわたり成長を促す,巨大な思想を含み込んだ学習論となっている。

ということで,最近近所のジュンク堂に行ってみたら,初等中等学校の先生方を対象としたアクティブラーニング本が山積みとなっております。
アクティブラーニングの大波は大学の先生にも無縁ではありません。てか,そもそも大学はアクティブラーニングの本場であったはずだな,と本書を手にとって改めて考えさせられました。

「第5章 アクティブラーニングを深める反転授業」が面白かったな。この事例はNHKの何かの番組でちょっと見た記憶があります。

p.107
・効果のある反転授業(知識定着型)は,外化で終わらず,もう一度内化に立ち戻るデザインを採用していた。その結果,反転授業に限らず,内化と外化を小さなサイクルで往還できるデザインは,学生のメタ認知能力の育成にも有効である。

p.105
事例の授業は,教員のこれまでの経験から思い立って最後に〈教える〉を据えたところ,他の実践との大きなデザインの違いとして現れた。
これは知識の内化を目的とする授業において,1)動画を観る(内化)→2)ノートを作成する(外化)→3)わからないことがあれば動画に立ち戻る(内化)→課題を検討する(外化)→5)教えあい・学び合い(外化)→6)講義(内化)という学習プロセスをふむことによって効果が生まれている。

p.105
内化と外化の往還を,動画という手段をもって内化から始める反転授業は,その授業の最後を〈教える〉という内化で締めくくることで効果が上がる。さらにLMSのログを調べると,学生が授業で終わった内容の動画を任意で閲覧していることも明らかになった。授業が終わったあとにさらに外化と内化の往還を止めない環境が整っており,学生がいつでも本棚の本を取るように,講義に立ち戻れるのは,まさに主体的な学びを促していると言える。内化と外化をいかに組み合わせて,学生が対象世界と自己を往還できるようにするかが反転授業のデザインを構築する際のコツであった。でもそれは反転授業に限らない。ALや講義も含む,すべての教授デザインに言えることである。

同じシリーズの2冊目。
PBLといっても,指すものは2つあって,
ひとつは,Problem-based Learning 問題解決を中心とした学習
もうひとつはProject-based Learning プロジェクト学習
それぞれの事例が本書で提示されていて,「ぴーびーえる?それっておいしいの?」な自分にも何となく違いが分かるような構成になっています。
Problem-based Learningの事例は,岐阜大学医学部の,臨床事例をベースとしたグループ学習,
Project-based Learningは,光華女子短大の,科目内で実際に結婚式を計画・実施するプロジェクトを通じた学習でした。

いや~それにしても,アクティブラーニング(のようなもの)をしなきゃという事柄のみが先行して,手段が目的化しちゃわないかというのが気になるところですね。

企業変革の名著を読む

コンサルタントや大学教授により,12冊の「企業変革の名著」のエッセンスが紹介されている本です。
抜粋やまとめを読んだだけで,元本を読んだ気になるのもどうかとは思いますが,読むべき本のガイドとか,何が話題になっているのかという傾向をつかむのにいいかな,と読んでみました。
印象に残ったところなど:

  • 1 『企業変革力』ジョン・P・コッター著―カリスマだけで会社は変われない 平井孝志(ローランド・ベルガー) より

p.32
最終的に企業変革は,企業文化として組織に根付くまで続けなければなりません。組織は相互依存が密接に絡み合ったやっかいなシステムです。それは最近の必要性から生じたというより,企業の歴史から生まれた強固なつながりです。一部を変えてもすぐに元に戻ってしまいます。それゆえすべてが変わりきるまで,継続することが大切なのです。
企業文化は人の行動に強い影響を及ぼします。一方でその姿を明確に捉えることは不可能です。このような特徴を考えると,企業文化は最初に変えるものではなく,最後に変わるものだということがわかります。つまり,文化だけを変えようとしても決してうまくいかないともいえます。
企業変革はすべてが変わりきるまでの比較的ゆっくりとしたプロセスです。1つの大規模な変革と考えるより,様々なプロジェクトの連続と捉えるほうが適切でしょう。いらだちを抑えつつ,根気強い努力が必要とされるプロセスなのです。

「企業文化ガー」という言説を見るたびに,うん,だけど「文化」って何よ?と思ってしまうのですが,文化は原因というより結果なのかもしれません。

pp.244-245
倫理の問題に対するスタンスは大きく分けて2つあります。一方は性悪説に立ち,悪意を持った為政者を牽制しなければいけないという立場であり,もう一方は性善説に立ち,問題は人の悪意にあるではなくシステム上の欠陥によって起こるという立場です。 

p.245
本書の最大の特徴は,この2つの立場のいずれもが,実態を正しく捉えていないというスタンスを取っていることにあります。つまり,人は悪意を持たなくても,倫理に反する行動を取ることがあるということです。これを「倫理の死角」と呼んでいます。
日本でも,コーポレートガバナンス(企業統治)の議論が盛んになる中で,経営者を性善説で見るべきか,性悪説で見るべきか,意見が対立しています。本書はそこに対する解を示唆してくれているように思えます。

NHKBSの「英雄たちの選択」で,天正遣欧少年使節が扱われているのを見て,歴史の教科書の一記述でしかなかったのが立体的に見えて,少々興味の湧いていたところ,さらに関係する本が紹介されているのを見て,さらに興味が湧きました。

甲東村から

甲東村から―呉下の阿蒙 (のじぎく文庫)

甲東村から―呉下の阿蒙 (のじぎく文庫)

甲東村とは:
甲東村 (兵庫県) - Wikipedia

大雑把にいうと,昔の「甲東村」は,現在の西宮市の武庫川と,甲山を中心とした六甲山系の端っこに囲まれたあたりになります。
本書では「甲東村」の歴史について書かれているのですが,上ヶ原地域の昔の記録の中に,「一番割」などの表記を見て,これってもしかして現在の「上ヶ原一番町」などの住所表記と対応しているっぽいな~と思ったら,やはりそのようでした。

今も関学裏にある「上ヶ原用水分水樋」からの取水権利がある田畑エリアを示していたようです。

分水樋から上ヶ原に流れる用水路は「大川(おおかわ)」と呼ばれました。この大川から取水する権利のある田畑は順に、一番割(わり)、二番割、三番割……と呼ばれ、十二番割までありました。これが現在の上ヶ原一番町、上ヶ原二番町……に対応しています。ただし、十一番割と十二番割は他の地域と合併して、上ヶ原山田町、上ヶ原山手町になりました。

http://info.leaf.or.jp/information/history_culture/item9.html