データサイエンス入門 第2版

データサイエンス入門 第2版 (データサイエンス大系)作者:竹村 彰通,姫野 哲人,高田 聖治,和泉 志津恵,市川 治,梅津 高朗,北廣 和雄,齋藤 邦彦,佐藤 智和,白井 剛,田中 琢真,槙田 直木,松井 秀俊学術図書出版社Amazon書名の通りの内容です。滋賀大学データサ…

平成ネット史 永遠のベータ版

平成ネット史 永遠のベータ版作者:NHK『平成ネット史(仮)』取材班幻冬舎AmazonNHKEテレで2019年1月2日・3日の2回にわたり放送された「平成ネット史(仮)」の内容が増補され書籍化されたものです。 平成年間の日本における「ネット史」、まあかなり偏ってい…

コンピューティング史―人間は情報をいかに取り扱ってきたか―  原著(第3版)

コンピューティング史: 人間は情報をいかに取り扱ってきたか作者:Martin Campbell-Kelly,William Aspray,Nathan Ensmenger,Jeffrey R.Yost共立出版Amazon以前読んだ、 lionus.hatenablog.jp この本の改訂版(原著第3版)の翻訳が出ていて、ざっと目を通して…

〈趣味〉としての戦争:戦記雑誌『丸』の文化史

〈趣味〉としての戦争: 戦記雑誌『丸』の文化史 (叢書パルマコン04)作者:佐藤 彰宣創元社Amazon私は読んだことはありませんが、書店の店頭で『丸』という雑誌があることは認知していました。丸 2021年 10 月号 [雑誌]潮書房光人社Amazonこういう雑誌の愛好者…

理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!

理論疫学者・西浦博の挑戦-新型コロナからいのちを守れ! (単行本)作者:西浦 博,川端 裕人中央公論新社Amazon「8割おじさん」こと、西浦博先生の新型コロナウイルス流行初期から「第一波」収束までの体験を、ライターさん(川端裕人氏)との合作でまとめられ…

その病気、市販薬で治せます

その病気、市販薬で治せます(新潮新書)作者:久里建人新潮社Amazon本書を通読すると、実は本のタイトルだけをうのみにすると語弊がありそうな気がします。 ようは、薬局やドラッグストアにいる薬剤師(専門家)をうまく活用して、ちょっとした手当てなら市…

イヌは愛である―「最良の友」の科学

イヌは愛である 「最良の友」の科学作者:クライブ・ウィン,Clive D. L. Wynne早川書房Amazon著者先生は行動主義心理学にベースをおく動物心理学者です。 したがって、タイトルで「愛」とか言いながら、あくまで”禁欲的”に実験アプローチでイヌの行動を通じて…

プログラミング言語大全

プログラミング言語大全作者:クジラ飛行机技術評論社Amazon出版社による「書籍の概要」より プログラミング言語の大全集! 100以上のプログラミング言語や処理系,関連言語を幅広く解説。C,Java,Python,PHP,Ruby,JavaScript...主要言語はもちろんマイナ…

カフェパウゼで法学を

カフェパウゼで法学を―対話で見つける〈学び方〉作者:横田 明美弘文堂Amazon書名だけみると法学系以外の人は関係なさそうに見えますが、Twitterで法学系でない(多分)先生が、法学系でなくても参考になるところが多いという感じのことをコメントされていた…

バグは本当に虫だった

バグは本当に虫だった作者:水谷哲也ペンコム(インプレス)Amazon本書は一応、バベッジの解析機関とかコンピュータの黎明期から話を起こしていますが、 以前記事にした lionus.hatenablog.jp に比べると、1960年生まれの著者が、ご自身が同時代的に経験して…

ロケットガールの誕生:コンピューターになった女性たち

ロケットガールの誕生: コンピューターになった女性たち作者:ナタリア ホルト地人書館Amazon今はNASAの研究所になっているJPL(ジェット推進研究所)で、 ja.wikipedia.org コンピューターとして働いていた女性たちのお話です。 え?コンピューターとして働…

英語と日本軍―知られざる外国語教育史

英語と日本軍 知られざる外国語教育史 NHKブックス作者:江利川 春雄NHK出版Amazon旧日本軍の将校等を育成する学校において外国語(英語中心)がどのように教育されてきたかについて、まとめてある本です。 日本の外国語教育は幕末、沿岸に外国の船がちら…

ネオウイルス学

ネオウイルス学 (集英社新書)作者:川口寧,高橋英樹,澤洋文,朝長啓造,松浦善治,堀江真行,佐藤佳,鈴木信弘,長崎慶三,中川草,野田岳志,村田和義,牧野晶子,渡辺登喜子,望月智弘,大場靖子,西浦博,岩見真吾,古瀬祐気集英社Amazon pp.4-5 ウイルス学の歴史は19世紀…

サラ金の歴史―消費者金融と日本社会

サラ金の歴史-消費者金融と日本社会 (中公新書 2634)作者:小島 庸平中央公論新社Amazonサラ金について経済史(金融史)の立場からまとめた本です。 広範な資料を豊富に使い、類のないユニークな内容になっています。超おすすめ本です。 家計におけるジェンダ…

平成の経営

平成の経営作者:伊丹 敬之日本経済新聞出版Amazon少し前に読んだ、 lionus.hatenablog.jp と同じ伊丹先生によるご本です。 『コロナショック…』を読んだ時には「ちょっと日本買いかぶり気味じゃない?と思う面もありましたが、」と書いていましたが、 今回『…

「文藝春秋」にみる平成史

「文藝春秋」にみる平成史文藝春秋Amazon2021年1月にお亡くなりになった半藤一利氏が雑誌『文藝春秋』から31篇を選び、全文掲載している本です。 昭和に生まれて、現在を生きている自分にとって「平成」はその始まりから終わりまでを(物心ついた状態で)す…

テキストマイニング入門:ExcelとKH Coderでわかるデータ分析

テキストマイニング入門: ExcelとKH Coderでわかるデータ分析作者:末吉美喜株式会社オーム社Amazon10年くらいぶりにKH Coderを使うので、リハビリのために手に取ってみました。 以前KH Coderを使ったのはいつだっけと、旧日記を探してみると lionus-old.hate…

学生のためのデータリテラシー(FOM出版テキスト)

学生のためのデータリテラシー ~データの読み方から分析結果の伝え方まで作者:豊田 裕貴FOM出版(富士通エフ・オー・エム)Amazon2021年2月発売。最近データサイエンス(の初歩?)を大学(特に文系学生)で教えないと!との動きが盛んで、それに対応したテキ…

ビッグデータと人工知能 - 可能性と罠を見極める

ビッグデータと人工知能 - 可能性と罠を見極める (中公新書)作者:西垣 通発売日: 2016/07/20メディア: 新書2016年初版で、自分が読んだのは2019年8版(8刷ではなくて?)です。 人工知能に関係する情報科学の事項をあれこれ解説しながら、著者先生の人工知能…

「顔」の進化―あなたの顔はどこからきたのか

「顔」の進化 あなたの顔はどこからきたのか (ブルーバックス)作者:馬場悠男発売日: 2021/01/20メディア: Kindle版 はじめに口ありき pp.19-20 そもそも、植物や菌類には口がないが動物には口があるのは、植物は光合成により自分で影響をつくり出し、菌類は…

なぜ起こる鉄道事故

なぜ起こる鉄道事故 (朝日文庫)作者:山之内 秀一郎発売日: 2005/07/15メディア: 文庫Twitterか何かで本書について言及している記事を見て、単行本を借り出して読みました。 以前のはてなダイアリーを見ると、既読だったようです。 lionus-old.hatenablog.jp …

入門 人間の安全保障 増補版―恐怖と欠乏からの自由を求めて

入門 人間の安全保障 増補版-恐怖と欠乏からの自由を求めて (中公新書 2195)作者:長 有紀枝発売日: 2021/01/18メディア: 新書図書館の新着コーナーで背表紙のタイトルを見て、何だか知らんけれどもこれは読むべきだと直感して手に取りました。 (自分にとっ…

本田宗一郎―やってみもせんで、何がわかる

本田宗一郎―やってみもせんで、何がわかる (ミネルヴァ日本評伝選)作者:敬之,伊丹発売日: 2010/09/10メディア: 単行本「ミネルヴァ日本評伝選」のひとつです。 以前、同シリーズで、ソニー創業者の井深大の評伝を読みましたが、 lionus.hatenablog.jp ホンダ…

コンピューター200年史―情報マシーン開発物語

コンピューター200年史―情報マシーン開発物語作者:キャンベル‐ケリー,マーチン,アスプレイ,ウィリアム発売日: 1999/10/01メディア: 単行本「第1章 コンピューターが人間だった頃」すなわち、”コンピューター=計算する人;とくに天文台や調査機関などで計算…

日本企業の復活力―コロナショックを超えて

日本企業の復活力 コロナショックを超えて (文春新書) 作者:伊丹 敬之 発売日: 2021/01/20 メディア: Kindle版 今回のコロナショックを奇貨として、日本企業は待ったなしの改革で再び立ち上がれという激励の本です。 激励、といっても、著者先生は高名なベテ…

ウィリアム・アダムス―家康に愛された男・三浦按針

ウィリアム・アダムス ――家康に愛された男・三浦按針 (ちくま新書)作者:フレデリック・クレインス発売日: 2021/02/08メディア: 新書ウイリアム・アダムス(三浦按針)は、船が難破して日本にたどり着いたイギリス人で、徳川家康に外交顧問として寵愛されたと…

企業不正の調査報告書を読む―ESGの時代に生き残るガバナンスとリスクマネジメント

先の記事の本と lionus.hatenablog.jp 同じ著者の本を、引き続いて読みました。企業不正の調査報告書を読む ESGの時代に生き残るガバナンスとリスクマネジメント作者:安岡 孝司発売日: 2020/12/18メディア: 単行本企業不正(不祥事)が発覚して問題になると…

企業不正の研究―リスクマネジメントがなぜ機能しないのか?

かんぽ生命保険の不正販売が問題になったのは記憶に新しいところですが、(かんぽ生命保険を販売している)日本郵便ではたびたび不祥事が起こっているようです。最近でもこんなことが。 www3.nhk.or.jp こういった企業不祥事が起こるたびに、対策としてコン…

私道と公道の物語―横浜でのある実践記録

私道と公道の物語―横浜でのある実践記録作者:藤川 吉美メディア: ハードカバー工学部ヒラノ教授シリーズの工学部ヒラノ教授と七人の天才作者:今野浩発売日: 2013/03/22メディア: 単行本「第2章 三階級特進のロールズ助手」で p.61 30年近くに及ぶ助手生活か…

教養としての「税法」入門/教養としての「所得税法」入門

教養としての「税法」入門作者:木山 泰嗣発売日: 2017/07/27メディア: 単行本(ソフトカバー)教養としての「所得税法」入門作者:木山 泰嗣発売日: 2018/08/30メディア: 単行本(ソフトカバー)確定申告の時期・・・(今年はコロナ特例で4月15日まで延長)と…